不意の雨に気をつけて荷造りをする

もともと少し神経質な私の性格が功を奏したのか、以前に引越しをした際、
雨に荷物が濡れてしまったにもかかわらず、中身は一切無事だったということがありました。
業者を頼らず、友人たちと少しずつダンボール箱に持ち物を詰め、
それを軽トラックの荷台に乗せて運んでいたのですが、その途中で急に雨が降って来たのです。
いわゆるバケツをひっくり返したような土砂降りで、一気に荷台のダンボール箱がびしょびしょに濡れてしまいました。
しかし、もしかするとこういう事態も起こり得るかも知れないと想定していた私は、
あらかじめ大きなビニールシート等で中の荷物に簡易的な防水措置を施した上で、ダンボール箱にそれらを納めていたのです。
その折、友人たちから「なかなかやるな」と喝采されたのは言うまでもありません。